銀行印鑑は口座開設のみに使い登記では利用しないとは

口座と登記で使用する印鑑は別のものにするとは

銀行印鑑は、基本として口座開設のみに利用するということが大事です。登記などに利用する印鑑は実印を利用する必要性があるということから、実印を登録しておくことも重要です。銀行印鑑と実印が同じものだと万が一紛失した場合には実印の登録を抹消する必要性があるなど大変な手間がかかります。また、口座に記載されている印鑑を悪用されれば様々なことが可能となってしまいます。銀行印鑑と登記などで利用する実印は別のものを使うということがリスクヘッジという意味でも大切なポイントです。

法律上は認印と同じ効力に関して

銀行印鑑というものは、法律上は認印と同じ効力しか無いものです。しかし、実印ということになれば絶大な効力があるということから銀行開設する場合などに利用するということは、適当だとは言えない印鑑です。別のものを利用するということによって、犯罪リスクなどを軽減させていくことも出来ます。また、銀行開設で印鑑を利用するという場合にはも一回り小さいものを利用するなど目立つものにしておくとどの印鑑を開設時に利用したのかが分かりやすくなっています。

実印は利用しないことが大切になるとは

銀行開設と登記では、印鑑の重要性が大きく違います。銀行開設をするということであれば、どんな印鑑でも構わないということが基本としてあります。ただ、土地や会社の登録に利用するということになれば、実印が必要となっています。これは名簿を書き換えられたりするリスクを防ぐためのものです。複数の銀行に開設しているということであれば、どの印鑑がどの銀行口座を開設した時に利用したものなのかをはっきりと分かるようにしておくということも大事です。必要な時にはっきりと分からないと困ることになってしまうということもあります。法人名義で利用するということであれば、耐久性などにこだわったものを購入するということも重要です。法人は、銀行印を利用する機会などが増えていくこともあるので耐久性があってきちんと長持ちするものを多少高価でも作成しておくということが求められていきます。また、あまり人前には出さないということも重要です。人目に触れてしまうとコピー技術が発達していることから、偽造に関するリスクが高まっていくことになります。銀行印も偽造されてしまうことで大きな被害を受けてしまうことなども考えられます。偽造対策も重要となっています。

記事一覧