銀行印鑑のサイズ直径はどれ位が適しているか

正しい物を利用するのがポイント

銀行印鑑は、基本的に通常の印鑑の大きさに比べると大きくする様にします。そうする事によって銀行用と判断しやすくなるメリットがあります。銀行を利用する際、印鑑はいつも必要となるわけではありません。基本的には口座を開設する時に届け出印として利用する物となっています。もちろんどの様な印鑑を利用したとしても問題ない為、三文判でも活用する事はできますが、市場に沢山出回っている点から届け出印として利用するのはあまり適していません。通常は目的に合わせて印鑑をオーダーメイドする形が取られています。その方が同じものが市場にいくつも出回っているわけではない為、防犯上の観点から言っても安全だと言えるからです。

どれ位の大きさにするのが適しているのか

印鑑を作る時は、直径等のサイズを選ぶ必要があります。作成する時は直径で10.5mmとか、12mm等とサイズが展開されているので、その中から希望するサイズを選ぶようにします。通常は認印と同じ位か、実印と同じ位のサイズにし、さらにあまりにも小さくする必要はありません。基本的には12mmから15mm程度の間で作る様にしますが、その中でもあまり大きすぎるものよりは、小さなタイプの方が人気が集まっています。ただ、大きくなければならないとか、小さくなければならないと言う訳でない為、それ程神経質になる必要はありません。また実印の場合は各自治体でも対応する大きさが違っている場合もある為、その条件を満たしていないと実印として認められない事も有りますが、銀行印鑑の場合はそれ程細かなしきたりが有るわけではありません。したがって、基本的には三文判に比べると少し大きめの方が判断しやすいと言うメリットがありますが、三文判と同程度にしたからと言って利用出来なくなってしまうわけではない為、心配は不要です。

男女で違っている直径の違いを知る

印鑑は誰もが利用するもので、銀行印鑑も口座を開設したい人であれば大人でもお子さんでも利用する事になります。ただ、実際には印鑑自体は男女で人気のある大きさが違っており、男性の場合、銀行印鑑を作る時は大体13.5mmから15mm程度、女性の場合は12mm程度から15mm程度となっています。さらに人気があるのは男性の場合は13.5mmで、女性は12mmとなっているので、男性に比べると女性の方が直径の小さいタイプを利用する傾向です。また、法人銀行印の場合は個人が利用する物に比べると大きくなり、大体16.5mmが一般的となっています。

記事一覧